スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GMの行方
GM破綻!
とりあえず米連邦破産裁判所に駆け込み再生を目指しているが、実はまだ裁判所がそれを許可したわけではない。つまりまだ、倒産の可能性を秘めている。
日本では米政府が半分の株式を保有したから一安心、といった報道がなされているが、決して安心していられないのが実状らしい。
優良事業を新会社引き継ぐというが、環境に配慮したハイブリッド車や電気自動車の開発は一切進んでいない。信頼を失い、環境に全く配慮しない自動車を、アメリカ国民が購入するとは思えない。つまり生産を始めても不良在庫を増やすばかりの可能性が高い。
しかし、日本に置き換えたら、トヨタが消えてなくなるのと同様のことがアメリカでおこっているのだから、もしそんな最悪のシナリオを描いたら、世界経済はどんなことになってしまうのでしょう?
スポンサーサイト

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。