スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙がでました
先日会議の合間にこっそりメールをチェックしていたんです。すると著者から一通のメールが。なんと本がきっかけでNHKの3時間の生放送に招かれたという内容だったのです。
確かにその著者の作品は、発売から2カ月で1万冊を超え、ヒット作と呼べる書籍の仲間入りはしていますが、まさかNHK出演までとは思いもよらなかったためか、「いよいよマスコミデビューですか!!」と思わず私の指は勝手にキーボードを叩いていました。(もちろん休憩中です)
すると、その著者からすぐに返事が届きました。「本当にいい書籍が出せて良かったです」と。
さすがにこのときばかりは会議中にもかかわらず、涙があふれそうになってしまいました。その直後に求められた発言の内容はグダグダでした。
あまり現実的ではないかも知れないので、比較するのはおかしいかも知れませんが、私にとって、ある意味100万部のヒットを生むよりうれしかった瞬間になったかもしれません。そしてこれからどんなことがあっても、編集という仕事にずっと携わっていきたいと思わせてくれた出来事でした。(博)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。