スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
異文化に触れて
0.jpg
出版企画部の清水克美です。前回に続き、北京研修旅行の話です。降り立った北京首都国際空港のスケールの大きさにまず驚きました。この規模の大きさが、中国での旅のスケールの大きさを予見させてくれるようでした。
 
北京はいまオリンピックに向けた各競技場や施設などの工事がラストスパートの段階です。また最近の経済発展による住宅や、高層マンションの建設ラッシュも同時に進行していて、街は活気にあふれています。
 
そんな新しいビル建築の一方で、1400年代初めに作られた紫禁城、故宮博物館をはじめ各地を見学し、この国の長い歴史を味わいました。特に「万里の長城」はやはり圧巻でした。1600万人という人々が生活し、歴史のある文化と近代の文化を融合させて生活している様子に触れることができた旅でした。
さて、今回の研修目的の1つに書店訪問があり、北京市で一番の王府井書店を見にいきました。ビル一つが書店という大型書店です。中国の書店はほとんど国営で、この書店も国営新華書店が経営する店です。

1階のメインに毛沢東、マルクスなど共産党関連の書籍が多く並んでいたところはいかにも国営といったところ。1階にはほかに、地図・ガイド、ビジネス、経済、歴史、宗教書などが並べてあります。ほとんどの書籍がペーパーバックで、値段も日本より20~30%程度安いように思いました。
 
2階は学参、児童書の売場で、やはりペーパーバックが主流です。あまり創作物の読み物がなく、ほとんどが昔話や名作の類です。中国も一人っ子政策の影響か、学参の量の多さ、親子で真剣にドリルなど選んでいる様子は日本のそれに近い感じがします。
 
3階は文芸の話題書やベストセラーが並べてあり、5階はCDやDVDが大量に置いてあるなど、以前の中国では考えられないいろいろな国の、種々のジャンルの商品があって、共産国というイメージがいまや感じられません。
 
いかにも中国らしかったのは、ところかまわず床に座り込んで本を読んでいる人がとても多いことです。特に学生が多く、中にはノートに書き込みをしている人もいました。

「百聞は一見にしかず」日本を出て異なる文化に触れる機会を得て、久しぶりに旅を満喫しました。皆様も是非思い切って旅行に行きましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。