スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境マンガ大賞 エコマンガ大賞
今日、 環境についての記事が朝刊に載らない日はない。まさしく環境の技術や意識は日進月歩で進んでおり、これは日本だけではなく、世界的な進歩だから、後戻りはない。今後、さらに出版の方面から、しっかり関わりを考えていかなければならないと思う。

当社は、出版業界で5番目に環境ISOを取得した。その関係から、環境本を出版してきたが、環境関係の本はなかなか売れない。もちろん、売れている本もある。しかし、ごくわずかなのである。

しかし、他社にはできないような環境の企画を考えたいと思って、検討を重ねてきた。しかも、日本だけではなく、世界にも発信できるような企画。

そこで考えたのが、マンガで環境を語る本である。いまやマンガは子供だけではなくて、多くの大人も読んでいる。しかもケイタイでもっとも売れているコンテンツは、なんとマンガだという。マンガならば、それに環境をつけて、環境マンガ、とする。いや、エコというのもありだから、エコマンガ。

いや、まてよマンガが出ると、当然アニメにもなる。環境アニメ、エコアニメ。ええーい、この際、全部とっちゃえ、ということで、環境アニメ、環境マンガ、エコアニメ、エコマンガ、という4つの商標をとりに行った。まだ登録がないのは確かだ。

これに大賞をつけて、環境マンガ大賞、エコマンガ大賞、というのを創設して、一般から広く募集をしたいと考えている。そしていずれはそれをアニメに・・・・。夢は広がる。

そのころ、出版文化社は出版社というよりも、コンテンツ会社と呼ばれるにふさわしい活動になっているだろう。また、そうなっていないと生き残れないのは確かだ。

楽しみにしていてほしいと思う。

浅田厚志。
スポンサーサイト

テーマ:出版ビジネス - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
はじめまして!『エコマンガ』にとっても興味が湧いてきました。
私の子どもは、右脳教育の教室に通っているのですが、そこは単なる能力開発ではなく、芯となる“志”の教育にも力を入れていて、その中には地球の未来に関わる『環境問題』も大きく取り上げられています。
頭の柔らかい子どものうちから、押し付けがましくなく、自然な形で、環境問題について考えられるような媒体があったら素敵だと思いました。

ちなみに宮崎駿監督の『風の谷のナウシカ』は、アニメも原作の漫画も、エコアニメ等のジャンルに入るのでしょうか?
2008/08/29(金) 09:07:22 | URL | ricomama #-[ 編集]
ご返信、ありがとうございます
ご返信、ありがとうございます。

そうですね、ナウシカもトトロも、広い意味での環境アニメ、に入れられると思います。ただ、子供達に見てもらって、環境のことを、ちょっとずつ考えてもらうには、それらの作品よりも、もう少しダイレクトなメッセージを入れられるようにしたいと考えています。

関心をおもちいただいたようで、嬉しく思います。子供達に伝えるマンガやアニメによる環境メッセージについて、アイディアをいただけませんか? 子供の目線で、どのようなメッセージを入れていくか、いろいろ考えている最中なんです。
2008/09/04(木) 13:59:36 | URL | 浅田厚志 #aPLaoN5.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。