スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京――初めての海外研修旅行

創業から25年目にして、ようやく実現できた海外研修旅行で5月22日から4日間、北京に行った。初めてのことで不十分なこところがあり、準備不足な点もあったと思うが、まずは、社員みなが事故なく無事で帰ったことに安堵している。

東京の社員には実質的に2泊2日という厳しい旅程になってしまったので、ほんとうに喜んでもらえるだろうか、と心配しつつ出かけていった。少なくとも旅行中には、忙しく、充実した時間を過ごしてもらえているようだったが、どうだったろうか。人事からアンケートを出してもらい、それらを集めて、6月の経営会議で全体の総括と、問題点と改善方法の把握をし、次の企画に活かせたいと思う。

社員とともに海外旅行をすることは長年の夢であった。小生自身が、21歳の時にイギリスへ行ったところから今の人生が始まっているように、海外旅行には心と人生を揺さぶる多くの要素が詰まっている。歴史と風土を実感し、文化と民族性を発見し、それによって視野を広げ、多様性を受入れ、自国・日本への新しい視点を得る。百聞は一見に如かず。100冊の本を読むより、現地に赴いて得る成果の大きさは今も昔も変わらぬ事実である。

「まさか、社員みなで海外旅行に行ける時代が来るとは思いませんでした」と、あるベテラン社員が旅行中につぶやいた。小生自身は、いつかは皆と海外旅行ができる日をつくりたい、と思っていたので、もっと早くそういう目標を共有できるようにすべきだったと反省した。

訪れた北京は800年あまり中国の首都として栄えている都市。歴史の上に歴史が積み重なって、その上に共産主義と近代国家が建っている。あと2ヶ月あまりで初めてのオリンピックが開催されようとしている。日本で言えば1964年の東京オリンピックだが、北京はその時代よりも遙かに前進している。日本がその後44年間をかけて遂げた経済成長と社会的発展を、とう小平が実権を握った1978年以来、共産主義を掲げつつ実現してきた国家である。その最先端を走るのが北京と上海であり、その勢いを目の当たりにできた今回の旅行に、社員たちはどういう視点を得られたであろうか。

直前に四川大地震がおこってヒヤリとした。旅行計画を危ぶむ声も聞かれたが、阪神・淡路大震災の時を思い出して、こういう時こそ訪問することが中国国民への励ましになると信じて催行した。東京の社員は間に合わなかったが、初日の出版関係者を招いた夕食会では、冒頭で四川大地震の犠牲者へ1分間の黙祷を捧げた。そして小生より哀悼のスピーチを発表し、来賓の代表者・王平氏(天潤力澤文化発展有限公司代表)から答辞をいただいた。彼は今回の日本政府と日本国民の支援に感謝を述べ、ついで出版文化社の中国への積極交流に、深甚なる謝意を表明してくれた。「来て良かった!」と心が軽くなった。

来年はハワイを目標にしている。ハワイというと遊びだけ? と思われるかもしれないが、それでは研修旅行にならない。ハワイと日本には深くて長い交流の歴史がある。明治維新のころ、ハワイが欧米に接収されようとしたとき、ハワイのカラカウア王は日本の天皇に支援を求めた。その時、いち早く日本がハワイを支えていたら、あの真珠湾攻撃は無かったし、日本-ハワイ-沖縄という強固な三角関係ができていたかもしれない。そういう歴史を体験できる旅行に、また皆で行けるように励みにしたいと思う。そして、いつかは夫人同伴の社員旅行になれば、小生の夢はまたひとつ実現する。

                                                    浅田厚志
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。