スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全ては著者次第
書籍の編集の仕事の印象は?と聞かれてみなさんは何を思い浮かべますか?ゼロからものを作り出す、クリエイティブな仕事と多くの方は思い浮かべるのではないでしょうか?そういった一面もあることは確かでしょう。
企画力という名のクリエイティブさは求められますが、やはり書籍は著者に著作権があります。著者がいない限り、作品など成立しません。
著者をなだめすかし、どう発刊まで漕ぎ着けるか。クリエイティブな能力以上にそんな折衝能力が必要とつくづく感じる今日この頃でした。
スポンサーサイト

テーマ:出版社 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。