スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本についての豆知識「スリップ」
出版業界用語の中に「スリップ」というものがあります。皆さんが書店さんで見る書籍の中に、二つ折りの紙が挟まっているのを見たことがあるはずです。ちょっとした立ち読みの際、邪魔になってはずしたり動かしたりした経験はありませんか。
この「スリップ」と称するもの実は重要な目的をもっています。基本的に書店さんは、書籍が売れた場合このスリップという紙を抜いてお客様に書籍をお渡しします。このスリップをよく見ると2つに折れており、折り目のところの真中に切り込みが入っています。耳といわれる半円の切り込みが本に挟まっていても顔を出す仕組みです。引っ張り出すのにつまみやすいという目的があります。そして、折ってある紙の片側には「売上げカード」、もう片側には補充用注文書になっているのです。書店さんは引き抜いたスリップの折れ目で切り離し注文書の方の「スリップ」を出版社に送る注文ということになるのです。またそのままFAXで出版社に送ったり、「取次」という問屋さんにそのスリップを渡して本の補充注文に使っている場合があるのです。
注文カードの片割れで残った「売上カード」は出版社によって書店さんへの報奨がついている場合があります。また、書店さんが出版社に返品をする際に大変重要な役目を担っております。このなんでもない紙が返品をする際の通行手形の役割を担っております。けして邪魔だと思っても捨てないで下さい。書店さんにとって大切な役目をもつものなのです。
本屋さんで書籍を選ぶ際、書籍の間からこの「スリップ」が万が一落としたときは、速やかに書籍にはさみ直してください。これがよい読書家の暗黙のルールです。ぜひ覚えて置いてください。(克)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。