スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
取材をうまくやるための小ワザ!
 私はこれまで飲食店や物販店、イベントなど、様々な取材を重ねてきましたが、なかには、芸能人や著名人、スポーツ選手のインタビューもいくつか経験してきました。
 現在、弊社が編集をしている月刊『リリーブ』というビジネス雑誌では、「著者が語る話題の本」というコーナーを毎回執筆しています。
 記事内容は、今話題になっている本の著者に、この本を書いたきっかけや、この本を通して伝えたかったことなど、いろんな話を伺っています。
 しかし、なかにはお話が不得意な方、逆に話し好きで、すぐに横道にそれる方もいます。インタビュー経験がある方でしたら、その空気が想像できるかと思いますが、パニックに陥ること間違いなしです。

 そんな時、どうしたらいいのか?
 私はその空気を打ち破るために、軌道修正することをまず考えます。
 お話が不得意な方なら、事前に趣味や好きなことをチェックしておいて、その話題をふって、聞き手と話し手の距離を短くする努力をします。そしてリラックスしてきたら本題に戻します。リラックスしてきたか、どうかという判断は、顔の表情(笑顔)やしぐさで分かります。

 お話が横道にそれる方は、どこかで話をストップさせないといけません。喫茶店なら目の前のお茶をすすめたり、メニューを見せたり……、会議室や仕事場でしたら、自分が持っている自慢の小物を見せたりして、話題を変えて、興奮している気持ちを静めるようにします。もちろん時間制限があるので、こまめに時計を気にしながら、時間配分を考えないといけませんが……。

 取材というのは、限られた時間のなかで、相手から記事になる話を聞きだすという作業です。
 上手、下手は経験!
 私も悪戦苦闘しながら、現在勉強している最中です。(ZUKA)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。