スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひとつの出会いが成功の種
 人との出会いは、業界関係なく、どの世界でも同じだと思います。例えば、居酒屋で話しかけてきた人がたまたま編集者だったり、親友の奥さんが出版社の編集長をやっていたり。偶然というか、運命的な出会いというものは、誰しもあるのではないでしょうか。
 しかし、どんな場面でも常に「人との出会い=成功の種」というものを意識していないと、チャンスは訪れてきません。
 私の友人のライターのことをお話しすると、彼女は大学を出て、会社に入らず、フリーでライター業をイチからはじめました。もちろん、出版業界のいろはも知りません。しかし彼女の見習うべきところは、その穴をセミナーや講演会などに積極的に参加することによってうめたんです。そしてその場では、自ら動いて人脈を作っていきました。
 そんな努力が実ったのか、出版社の編集者と仲良くなり、信用も勝ち取り、そこの出版社から何冊も出すことができています。
 自分が望む仕事をしたいのなら「人との出会い」は大切にしないとなりません。どこにどんなチャンスが転がっているのか、分かりませんよね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。