スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Amazon
かつては「ネットで買い物したことある?」「私は怖いからしない」などという会話があちこちで聞かれていましたが、そんな会話も今は昔。パソコンさえあれば、いや携帯さえあれば、ほとんどの方がネットで当たり前のように買い物をしているはずです。もちろんこれをご覧になっている方で、ネットで買い物をされた経験がないなどという方はいらっしゃらないことでしょう。
その抵抗感を払拭した要因で1、2を争うのがアマゾンではないでしょうか?このブログに立ち寄られている方で、アマゾンを利用されていない人などいないはずです。
それだけに、どの出版社もアマゾンにできる限り書籍情報を提供し、少しでも多くの読者に購入してもらうような努力をしています。本を渡せば全て事足りるわけではないのです。
最初にタイトルなどの基本情報をメールで送信しておきます。すると数日後にサイト上にタイトルと基本情報だけがアップされます。アップされたところで、ようやく装丁画像、書籍内容、目次、著者略歴、出版社からのコメント、著者からのコメントなど、様々な書籍情報をアップします。
これで、ようやくひと段落ではありますが、仕事はまだまだあります。皆さんも購入の際にお気づきでしょうが、書籍によって手元に届くまでの期間が異なります。アマゾンに在庫がある場合は、24時間以内だったりしますが、在庫切れをおこしていると、1週間かかったりするのです。ネットでの販売は、「納期が遅れる=購入を諦める」に直結しているのです。版元にとっては死活問題なのです。
実はアマゾンの在庫コントロールを版元が行うのは非常に難しく、広告などの影響から、一気にオーダーが入れば、すぐに在庫切れを起こしてしまうのです。かといってアマゾンは大量に在庫を抱えるなどということはありまれません。
版元にとってはアマゾン様様ではありますが、ほったらかしていては、全く売れないということも十分考えられるのです。
スポンサーサイト

テーマ:ビジネスアイディア - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。