スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本屋さんにたくさん本が置いてある訳は
今回は出版用語の1つを紹介します。 書籍の販売方法の一つに委託販売制度というものがあります。出版社は一定の期間を定めて書店に出版物の販売を委託します。その委託期間内に売れた出版物の代金のみを請求し、売れ残った書籍は返品してもらうという販売システムを委託販売いいます。日本の出版物(書籍・雑誌)の大半がこのシステムを利用しています。
取次(一般でいう問屋)は出版社から委託扱いで出版物を仕入れ、書店に委託扱いで販売する形式となります。書店は、買切り(一般物販のように返品できない仕入方法)と異なりリスクが小さく多種類の銘柄の書籍を販売することができます。本を常にお客さんに見せるだけの在庫をもてるのはこの制度があるからといえます。
書籍の場合、“新刊委託”“長期委託”等の種類があり、委託期間やその他の取り引き条件は様々である。
本屋さんに行かれたときに、たくさんの本が置いてある仕組みをお分かりいただけたでしょうか。安心して本をじっくりお選びください。欲しい本がない場合、書店の方にぜひ相談してみてください。良い本を手にして、確認をいたしましょう。そして、ぜひご購入いただければ幸いです。(克)
スポンサーサイト

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。