スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般書籍と社史
東京出版企画、森です。

昨年社史製作の部門から一般書籍製作部門に異動になりました。仕事をしながら一般書籍(ビジネス書)と社史との違いについて考えさせられています。

ビジネス書は、定価を付けて書店に流通します。読者ターゲットは「一般ビジネスマン」や「30~50代男性」といったやや曖昧なものとなります。一方、社史の読者は「社員やその家族」「顧客」「取引先」など会社の関係者に非売品として配られます。また、ビジネス書は「マネジメント」「会計」「投資」などの情報を提供し、社史は
「企業の歴史」を中心にその企業に関する情報をまとめます。
[一般書籍と社史]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。