スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「勝ち組マクドナルドの創業精神」
 出版企画部の稲川です。

 100年に1度の大不況がいわれる中、勝ち組といわれる企業が2つあります。一つは、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング、もう一つはファーストフードの雄、日本マクドナルドです。
[「勝ち組マクドナルドの創業精神」]の続きを読む
スポンサーサイト
金持ち3代 貧乏5代
 
当社の中国支局で2年ほど仕事をしてもらった丁さんは、昨年に続き、今年も伴侶とともに、当社を訪ねてくれた。いまは中国・四川にある東芝の下請け会社の御曹司夫人になっている。

「急成長する中国で、伸長著しいエレクトロニクス業界の跡取り息子とは、なんともうらやましい話です」というと、「中国では昔から、金持ち三代、貧乏五代というので、いつまでも続くものではありません」という言葉が返ってきて、さすがだなと思った。

長い歴史をもち、しかも多くの人が出来事と精神の記録を残してきた中国の歴史からみると、そういう事例がたくさんあったのだろう。日本でも「3代目は身代くずす」という言葉がある。しかし、貧乏5代という言葉に出会ったのは初めてだった。

金持ち3代、というのをもうちょっと考えてみよう。

いかなる金持ちも、3代目に何らかのトラブルによって家が没落するという。1代目がいて、その子供は初代の奮迅の努力を見ているから、努力の価値を知っている。しかし、自分の子供(初代の孫)には、そういう苦労はさせたくない、と過保護に育てる。その孫が長じると、依頼心が強かったり、贅沢が身に付いていて家の財産を食いつぶす。3代目は生まれながらの金持ちの子供で人生をスタートする。それが後には災いに転じるという。

これに「貧乏5代」をつなげてみると、3代目で家が没落して、4代目は貧乏な家で育つ。それが貧乏の初代だ。その子・5代目は生まれつきの貧乏。そしてその子・6代目も貧乏だ。6代目は思っている「うちの家は代々貧乏なのだ」と。しかし、6代目は辛抱強く、コツコツ働く。そこに「家貧しくして孝子 顕わる」。7代目になかなか孝心のある子が出てくる。よく働き、家族を大切にする。そういう家にいよいよ8代目として、次の家系を興す人物が現れてくる。

没落した4代目から数えて5代あとだ。1代目から数えて8代後に家が再興する。1代を平均25年と見ると200年。今から200年前というと、水戸光圀が活躍していた時代。ひとつの家系が創まり、繁栄して没落。そして次の創始者が出るまでの時間は、一人の人間としてはあまりに長いと思うのは、私だけだろうか。

2009年、私たちは世界にとって歴史的な出来事をみた。オバマ大統領の誕生である。周知のことだが、オバマ氏の祖父はケニヤに住んでいたイギリス人の召使い料理人だった。この人が偉かった。息子の能力を信じ、自分と同じ人生を歩ませてはいけないと懸命に働いて、息子に教育をつけ、その子がハワイ大学へと留学する。そこでパールハーバーに勤めていた軍属の娘と出会ってオバマ氏が生まれるが、すぐにハーバード大学への入学が許可されて、妻子をおいたまま旅たってしまう。残された妻はインドネシア人と再婚して、ジャカルタに移住。オバマ氏はハワイで2部屋とキッチンという家で、祖父母に育てられる。不遇な少年時代だった。

祖父母にしたら、ケニアから来た黒人に生まされた孫の養育は、周囲の目もあり、さぞかしつらかっただろう。しかし、この祖父母が偉かった。オバマ氏を地域でもトップクラスの学校に通わせて、教育をつけた。そして単科大学を経てコロンビア大学を卒業。出版社勤務など、5年の社会経験の後、ハーバード大学法科大学院へ入学したところから、オバマ氏の今日へのドラマが始まっている。この物語を見ても、祖父母が偉かったように思える。

私たちは、自分の人生を歩んでいると思っている。しかし、世代を俯瞰してみると、良くも悪くも、上の世代から大きな影響を受け、下の世代に多大な業(ゴウ)を残している。

自分の人生の開拓は、自分一代では終わらないと考えると、懸命に生きることは、自分のためだけでなく、後の世代によい影響をどれほど残せるか、につながる。日々、おろそかにはできない。
                                                     浅田厚志

テーマ:出版ビジネス - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。