スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一般書籍と社史
東京出版企画、森です。

昨年社史製作の部門から一般書籍製作部門に異動になりました。仕事をしながら一般書籍(ビジネス書)と社史との違いについて考えさせられています。

ビジネス書は、定価を付けて書店に流通します。読者ターゲットは「一般ビジネスマン」や「30~50代男性」といったやや曖昧なものとなります。一方、社史の読者は「社員やその家族」「顧客」「取引先」など会社の関係者に非売品として配られます。また、ビジネス書は「マネジメント」「会計」「投資」などの情報を提供し、社史は
「企業の歴史」を中心にその企業に関する情報をまとめます。
[一般書籍と社史]の続きを読む
スポンサーサイト
停滞する?!日本の電子書籍市場
 出版企画部の丑丸です。

 昨年の今頃は、新しい読書端末が発売になりましたとか、電子書籍のストアを立ち上げましたというニュースが毎日のようにメディアを賑わしていました。
[停滞する?!日本の電子書籍市場]の続きを読む
「出版と企業ブランディング」
 大阪・出版企画部の木戸です。

 企業や経営者のブランディング、広報活動などの手法を考える際、効果的なPRの選択肢として、出版があるのをご存知でしょうか?
[「出版と企業ブランディング」]の続きを読む
「震災後の本はどうなる?」
 大阪・出版企画部の木戸です。

 3・11後、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアの有効性が注目され話題を集めました。出版業界でも出版各社による電子書籍・雑誌の無料公開が相次ぎました。震災直後は、紙不足と物流の影響が大きかったのですが、その後も被災者支援の目的で電子書籍が無料公開され続けています。
[ 「震災後の本はどうなる?」]の続きを読む
「どうなる電子書籍市場!」
 出版企画部の丑丸です。この1ヵ月でお腹周りが気になりだした人も多いのではないですか? 私はその対策として12時間で210kmを自転車で走破するイベントに参加を申し込み、半ば強制的に減量することにしました。

 しかし、正直こう寒い日が続くと、トレーニングのためでも自転車で表に出るのが億劫になってしまいます。そんな時、大活躍するのがスマートフォンやタブレットPCではないでしょうか? 私も先般スマートフォンユーザーとなり、暇があれば電子書籍を開くようになりました。
[「どうなる電子書籍市場!」]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。